車両別収支管理と原価計算で変革を迎える運送会社の経営戦略

社名非公開
業種
運輸業、郵便業
従業員規模
11~20名
経営者属性
親族外
支援テーマ
運用・プロセス改善
支援内容
部門・店舗別の収支改善 管理会計の導入・改善 コスト見直し
※画像はイメージです
  • facebook
  • X
  • line
  • link

行動計画

車両別収支管理の実施

部門・店舗別の収支改善
  • 車両別の運送原価管理を実施するため、ドライバー、稼働日数・時間、稼働距離を記録し、低収益の要因分析を行う。
  • 要因分析の結果をもって、荷主と価格交渉できるようにする。
  • 取組の進捗を管理するため、車両別収支一覧を金融機関に共有する。

適切な原価計算の実施

管理会計の導入・改善
  • 売上原価と販売管理費を区分把握し、売上から差し引かれる経費と自社支払を区分して、予実管理を行う。
  • ドライバーの動きに見合わない人件費が車両に賦課されないよう管理する。

コスト意識の向上と受注管理

コスト見直し
  • 事故や修理の発生もコスト増になるので、要因を分析するとともに、社員教育を通じて発生防止策を徹底する。
  • 車両別原価・収益表の精度を高め、直近の受注量で採算が合っていない新規案件の改善に活用する。

事例を探す/絞る

テーマ
経営者属性
従業員数
業界

件がヒットしました/総登録件数29

特集事例